傾聴ボランティア アウトリーチの会

インタビューした方:代表 林政枝 さん

 私たちは、 市役所と連携しながら個人宅や介護施設で傾聴を行っています 。 2004年に団体が設立された当初は 、 小山市の介護予防事業の一環として活動をしていましたが 、 現在はボランティア団体として活動しています 。 主に 、 日常生活で会話の機会が乏しい 「 高齢独居 」 や 「 日中独居 」 の方々の話を傾聴する他 、 電球の交換や庭の手入れなど 、 簡単な日常支援をすることもあります 。

 私は10年以上活動を続けてきましたが、 「 相手を笑顔で見守る 」 気持ちで接することが傾聴だと思います 。 心を穏やかにして 、 利用者さんの心に寄り添い 、 話を聴く 。 傾聴を続ける中で 、 私の価値観に変化が訪れ 、 心が豊かになり 、 交友関係も広がっていきました 。

 傾聴をやる、 やらないは別にして 、 傾聴のことを多くの方に知っていただきたいです 。 傾聴を心の隅に置くことで 、 あらゆる場面で見え方や感じ方が変わり 、 幸せになれると思っています 。

 ここ数年で会員数が2倍となり、 30名を超える会員がいます 。 皆さん傾聴できる機会を望んでいますので 、 活躍の場がありましたらご連絡ください 。