小山市市民活動センター(おやま〜る)とは

 小山市市民活動センターは、小山市を中心に市民活動、ボランティア活動、地域づくりなどに主体的に取り組んでいる団体や個人を支援するための拠点施設です。NPO(非営利活動団体)・ボランティア活動はもとより、企業の社会貢献活動、自治会や商店街などの地域活動、学校におけるボランティア活動など、地域の社会課題に向き合い地域をよくしたいと願うすべての活動を対象としています。 また、会議や研修、交流などに使えるスペースを運営し、みなさまに利便性の高い場を提供しています。

 さらに、多くの市民活動団体がこれまで蓄積されてきた知識や経験を整理・分析して共有化し、多様で複雑な地域の課題を一歩ずつ解決していくためのプログラムを共に開発していく研究拠点的な要素も持っています。

 ※小山市内に事務所を置く「ゆめ評定」が指定管理制度に基づき、各団体や地域の様々な方々と協力し合って運営しています。

 

おやま〜るの大切な機能

1.相談

ボランティアの支援を求めている団体や個人、ボランティア活動をやりたい団体や個人の相談にのり、主訴(本当の気持ち)をお聞きしてつなげていきます。また、市民活動やまちづくり活動に関するさまざまなご相談をお受けいたします。グループや団体の設立、助成金の申請、会計などに関するご相談にも応じます。

2.連携・交流の促進

ワークショップ、交流会、活動発表会などを通じて、さまざまな団体が互いに知り合い、意見を交換し、連携のきっかけになるような場を企画し実施いたします。また、非営利セクター(NPO、ボランティア団体、地域活動団体、教育関係団体など)と営利セクター(企業)、行政セクターの「協働」を推進します。

3.情報の収集と発信

まちづくりや地域活動の情報を収集し、検索しやすいように整理しておきます。それらをホームページ、メールマガジン、フェイスブックなどで発信するとともに、定期的に広報誌「おやま〜る」をお送りします。また、登録団体の会報、イベント情報、参加者募集などの情報を掲示したり発信いたします。

 

4.学習機会の提供と人材の育成

シンポジウム、セミナー、研修会、講演会などを企画し、ボランティア活動や地域づくりに関する学びの機会を提供します。また、ボランティアコーディネーション力向上の講座を開催するなどして、将来の地域づくりの実践を担う人材を育成します。

5.活動場所の提供

総会や会議、研修、ワークショップなどに使用できる研修室を貸し出しします。また、予約のいらないフリースペース的な多目的会議室もご用意しております。コピー機や輪転機、ロッカーも用意しており、みなさまの活動推進のためにご利用できるようになっております。  

6.調査・研究とプログラムの開発

小山市内といってもその社会的状況や歴史的伝統は均一ではありません。「中心市街地」「ニュータウン地区」「農村地区」ではそれぞれ異なった社会課題があります。それらを調査するとともに、「小中学生向けボランティア」「若者の社会活動への参画」「独居高齢者の支え」「農村地区の活性化」などさまざまなプログラムを開発していきます。  

センター長あいさつ

 2020年4月1日より、小山市市民活動センター「おやま~る」の管理運営は、私たち「ゆめ評定」に委託されることになりました。私たちのメンバーは長年にわたり、中間支援センター業務や市民活動、地域活性化に関わってきております。新しい「おやま~る」の創造に向けて、私たちは将来に向けた展望のもとに、さまざまな方針や企画を考えていました。

 しかしながら、新型コロナウイルスの感染拡大により、4月3日から研修室は会議使用のみとなり、さらに4月16日の安倍総理大臣による全国緊急事態の宣言により、19日より全スペース休館という事態になってしまいました。

 その結果、多くの登録者・施設利用者のみなさまにご不便とご迷惑をおかけしたことを、こころからお詫び申し上げます。

 しかし、「降り止まない雨はない」と言われます。この感染症を我々が乗り越えたとき、すなわち、自粛と我慢の非日常性に耐えたあかつきには、新しい生活スタイルや意識が生まれるかもしれません。

 また、今回のウイルス対策は、「国家」と「公共」と「私的行動」の関係性を浮き彫りにしました。私たち市民活動センターが目指すべき目標が「市民が主体の公共性」であるとするならば、この一連の流れの中から多くの教訓を学ぶことができたと思います。

 「市民社会」は「一人ひとりの市民が主役となり、個々に独立しつつ互いの違いを認め合い、助け合い、プロセスを大切にしながら社会づくりに参加し創造していく社会」(「現代用語の基礎知識」)と言われています。

 このような社会をみなさまとともに目指して進んでいくために、私たちは切磋琢磨していく所存であります。ご理解のほど、どうかよろしくお願いいたします。

小山市市民活動センター(おやま〜る) 
センター長 結城史隆