未来創造ネットワーク 白鷗

インタビューした方:代表 中村永遠さん

未来創造ネットワーク白鷗(以下、未来ネット)は白鷗大学生を中心とした団体で、2009年に創立されました。「未来を見つめ、地域を想う若きカモメたち」がキャッチコピーで、地域のため、人のためにボランティア精神を発揮して小山市の地域活性化に貢献しています。

未来ネットではさまざまな活動を行っています。この2年間だけでも子どもの健全育成支援、補導された青少年の立ち直り支援プログラム、小山の企業と連携した商品開発、異文化理解のための国際交流企画の実施、空き家のリノベーションとその利活用、小山の「新しい発見」を写真撮影してSNSで発信するなど、まちづくりにつながる活動をしてきています。

 

未来ネットの活動は多岐にわたるため、プロジェクト毎に担当者を決めて主体性と責任を持って取り組んでいます。メンバーはボランティア活動から多くの学びを得ています。私自身、未来ネットでのボランティア経験を通して視野が広がり、内向的だった自分が人の前で発言できるようにもなりました。未来ネットの活動を通して所属学生も成長しています。

地域づくりの仲介役として、未来ネットが役割を担っているという意識で活動しています。「小山市と言えば未来ネット!」と言われるような、大学を越えた存在にしていきたいと思っています。