農村地域の課題と小山市の取り組み

小山市農村の課題

近年の農村地域では、過疎化や高齢化、混在化等の進行に伴う集落機能の低下により、地域の共同活動の困難化が問題視されております。また、そのことによって農用地や用水路、農道等の地域資源の保全管理に対する担い手農家の負担も心配されています。そして、農地には、作物を作るだけではなく、洪水や土砂崩れを防ぐほか、豊かな自然環境を保つなどたくさんの機能があります。農業・農村の有する多面的機能の維持・発揮を図るための地域の共同活動に係る支援を行うことで、地域資源の適切な維持管理を推進してまいります。

https://www.city.oyama.tochigi.jp/soshiki/40/218831.html

多面的機能支払交付金

小山市では、「多面的機能支払交付金」を活用し、地域ぐるみで取り組む共同活動を支援しています。この活動に取組む地域を募集しています。

<主な活動内容>

1.農地維持支払交付金

2.資源向上支払交付金

活動を始める際の注意事項
 ・資源向上支払交付金に取組む場合、農地維持支払交付金と併せて取組む必要があります(農地維持のみの取組みは可能です)
 ・5年間継続して実施する必要があります

詳しい内容つきましては、上記のURLよりホームページをご覧ください。

(掲載日:2021年12月23日)

 

この記事はいかがだったでしょうか?
疑問点やモヤモヤしたことなどあれば、おやま~るスタッフも一緒に考えますので気軽に相談してくださいね!