【10/23開催レポート】西口まつり内イベント「ボランティアしたい人、あつまれ!」

10/23(日)の西口まつりの開催に合わせて、おやま~るでは「ボランティアしたい人、あつまれ!」を開催しました!

小山市で活動している9つのボランティア団体が、来場者に活動を知ってもらうため、交流&体験の場を設けました。模造紙やチラシ、ポスターなど展示を工夫して各ブースを設置しました。これから、参加した9つの団体について、当日の様子を紹介します❢

〇NPO法人 日本メディカルアロマテラピー

→アロマテラピー体験について、訪れた方に丁寧に説明をしました。「メディカルアロマテラピー」という言葉を聞きなれない人もいるため、綺麗に設置されたメディカルアロマに「何だろう?」といった様子で足を止める来場者も見られました。疲れた心を癒すアロマテラピーは、訪れた女性が気に入ってくれた様子でした。

〇おやま防災https://www.oyama-bousai.net/

→「おやま防災」は、小山市市民活動センターと小山市社会福祉協議会、とちぎボランティア団体YAMBEの3団体が集まり2020年4月に誕生しました。今は、白鷗大学の災害ボランティアサークル「防災サークル め組白鷗」の若い力も一緒に活動しています。災害がいつ起こるか分からない現代、地域の結束力や災害や災害ボランティアについての知識が大切です。当日は、隊員のプレミーティングを行い、小山市の災害について意見交換を行いました。

〇小山市傾聴ボランティア協議会https://oyamaru.net/keicho2022-11/

→小山市傾聴協議会は、小山市で活動している傾聴に取り組んでいる団体の組織です。「傾聴」とは、相手の言葉に耳を傾けて、お話を聞かせてもらうことです。当日のために準備した模造紙には「傾聴のための心得」が書かれていて、「傾聴」が一人でも多くの人に広がるように、参加者に対して丁寧に説明していました。

〇手話サークル彩https://oyamaru.net/202111152005/

→指文字や簡単な挨拶の体験会を開催しました。普段、手話に触れる機会が少ない子どもたちは、興味津々でした。挨拶や指文字を少しでも覚えることができると、世界が広がりますね。普段は社会福祉協議会で活動していますので、手話に興味のある方は、是非お問い合わせしてみてください。

〇芳姫の歴史を語る会https://twitter.com/1000Roku

→芳姫は、南北朝時代 下野国の武将 小山氏第11代当主、小山義政の正室です。小山市の芳姫を現代風にイラスト化して、多くの人にその魅力を知ってもらうために活動しています。かわいいキャラクターは、来場者に注目されていました!手作りのグッズなど手の込んだ作品などもありました。

〇地域協力ボランティア同好会(UN-UNI)https://twitter.com/Un__Uni

https://www.instagram.com/un_uni890/

→白鷗大学のボランティアサークルです。UN-UNIは、今回の「西口まつり」で、大活躍でした。当日は、「西口ユースRadio」や「映画祭」で運営ボランティアとして活動していました。若者も大人と一緒に地域を盛り上げていることは、小山市を活気づくパワーになりますね!当日は、活動について大人が感心して話を聞いている様子もありました。

〇テーブルde遊ぼう家https://twitter.com/asobouya___

→社会人や学生、多様な世代の交流を目的として、テーブルを囲んで楽しくゲームをする団体です。小さい子どもたちは、沢山並んでいるボードゲームに興味深々の様子でした。若者同士も本気になってゲームを楽しみ、盛り上がっていました。ゲームを通して顔を見て交流できるため、様々な世代と気軽に仲良くなるきっかけになりそうですね!

〇制服バンク おやまhttps://oyamaru.net/seifuku/

→不要になった制服を必要な人に届ける活動を小山市で行っています。参加者は、小山市に制服のリユースする大切な活動であることを知る機会になりました。少しでも多くの人が豊かな学校生活を送ること、そして物を大切にする心を養うことために、これからも活動します。11月19日(土)12時~15時30に「譲渡会」を小山市東出張所で開催します。是非、一人でも多くの方に知っていただければ嬉しいです。

〇朗読いろは roudokuiroha.wixsite.com

→ミニ「朗読会」を開催しました。賑やかな団体もあったため、少し声が届きにくい環境でしたが、参加者は、素敵な朗読による耳で聞く物語の世界を味わっていました。また、「ボランティアしたい人、あつまれ」に参加した他団体の情報も「朗読いろは」のTwitterで発信してくれました。ありがとうございました!「おとなの朗読会」の仲間、募集中です!

 

施設の中での開催だったこともあり、来場者は多くはありませんでしたが、普段合わないボランティア団体同士の交流もでき、来場者の中には、参加団体を目当てに来て下さる方もいました。

後半には、「西口ユースRadio」の取材で高校生が一生懸命に取材してくれました。開催の想いが伝わってもらえて、うれしいです!

少しでも、「小山市の社会問題に取り組む」「元気にしたい」という想いで活動している多様なボランティア団体のことを知ってもらえる機会になってくれたのなら、幸いです。今後も、そのような形でボランティアの交流&体験ができる機会を設けますので、おやま~るのイベントに是非ご参加ください。

ご参加いただいたボランティア団体の皆さま、当日にお越し下さった来場者の皆さま、本当にありがとうございました。